ペット保険とは

ペット保険とは

最近は、日本でも犬や猫をペットとして飼っている人がたいへん多くなりました。特に、一人暮らしの人にとっては、単なるペットではなく、もはや家族の一員といっても良いくらいでしょうが、心配なのは、病気や入院です。

ペットと言えども生き物ですから、人間と同じように、体調を崩したり、怪我をしたりすると病院に連れて行く必要があります。

しかし、人間と違って健康保険制度がありませんから、高額な医療費を負担しなければなりません。特に、入院が必要となると10万円以上の費用が必要になることも少なくありません。

このため、こまめに受診するのが難しかったり、必要な治療や手術が受けられなくなったりする場合もあり得ます。そこで、近年のペットの増加とともに需要が増えているのがペット保険なのです。

ペット保険とは、ケガや病気によって動物病院で医療サービスを受けたときに、その治療費用や手術代、入院費用などの一部を保険会社が補償してくれる保険です。つまり、人間でいうところの健康保険のようなものです。

少しでも経済的な負担を軽減し、安心してペットに治療を受けさせるためには、ペット保険は必須です。

さらに、商品によっては、医療費補償の他にペットが他人にケガを負わせてしまったり、他人のものを壊してしまって損害賠償責任が生じた場合に補償する賠償責任特約がセットされたものもあります。

保険会社によって、補償の内容やカバーされる割合も異なりますので、各社の特徴を比較して、最適なペット保険を選びましょう。


 

サイトマップ